スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「輿論」と「世論」をどうつなぐのか

佐藤卓己『輿論と世論――日本的民意の系譜学』(新潮社)の書評を「神保町の匠」に書きました。


「世論」という漢字をさて、どう読むか。「ヨロン」、それとも「セロン」? いまは「ヨロン」派が多数派である。「世論」はもともと「輿論」と書いた。これはもちろん「ヨロン」である。戦後の漢字制限で「輿」が使えなくなり、「輿論」を「世論」と書くようになった。この来歴からいえば、「世論」を「ヨロン」と読むのはいちおう正しい。だが、ことはそう簡単ではない。

明治以後、「世論」という言葉はちゃんとあった。これは「セロン」または「セイロン」と読んだ。意味は「輿論」とかなり違う。著者の説明を使えば、「輿論」はpublic opinion であり、「世論」はpopular sentimentである。前者は、世の中を導く「公論」として大切だが、後者は人々の「気分」に過ぎないものとして、むしろ否定的に使われてきた。

著者はこうした言葉の歴史を明らかにした後、終戦記念日をめぐる世論調査から「小泉劇場」に至るまで、戦後日本社会のさまざまな事例を、この「輿論と世論」の軸で考察する。「公論」のほか「議論」「意見」「意識」「評価」「建前」「理想」などといった言葉に「よろん」のルビがふられる。一方、「気分」のほか「空気」「声」「ムード」「感情」「雰囲気」「本音」「現実」のルビは「せろん」である。著者の駆使する文字通り「複眼」的分析は、私たちが生きてきた戦後社会の構造を立体的に明らかにしてくれる。

著者の立場ははっきりしている。テレビがメディアの主力になった戦後日本でとりわけ顕著になった「輿論の世論化」に異義を唱え、「世論」に対決して、「世論」に抗して、「輿論」に働きかえることが必要だというのである。

問題は「輿論と世論」が単純な二項対立ではないところにある。これはもちろん著者も気がついていて、「公論と私情は現実には複雑に入り混じっており、きれいに腑分けすることは不能である」と書いている。そのうえで、「思考の枠組み」として、常に「輿論」か「世論」か、を自らに問いかけることを求めるのである。だが、私には「思考の枠組み」というより、「輿論」と「世論」との架橋にかかわる「思考の方法」こそ重要なのではないかと思える。


2008年11月05日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:0

これが「現実」なのか……


「闇の子供たち」(阪本順治監督)はどっしり重い映画だった。梁石日(ヤン・ソギル)の原作は読んでいないが、これはやはり現代世界の「現実」の一面なのだろうか。

タイにおける人身売買が描かれる。売れられるのは、貧しい農村の子供たちである。牢獄のような場所に押し込められ、売春をさせられる少女や少年。エイズとなり「仕事」ができなくなったある少女はゴミ袋に入れられて捨てられる。やはり売られたその少女の妹は、生きながら日本人の子供の心臓移植の対象とされる。

こうした現実に立ち向かう日本の新聞社特派員と現地のNPOのボランティアの女性が登場するのだが、最後まで「救い」はないどころか、映画は厳しく「我々」を告発する。

瀕死の状態で捨てられた少女は妹の名前をつぶやきつつ、ようやくふるさとの村にたどり着く。だが、そこには妹はもういない。彼女も牢獄のような小屋に寝かされ、亡くなった後は、その小屋とともに焼かれる。二人の女の子が健康で元気だったころ、水遊びをしていた光景がフラッシュバックされる。

映画館を出てきて、しばし感想を語る言葉も見つからなかった。


2008年10月04日 感想/映画編 トラックバック:0 コメント:0

「日本型保守主義」の可能性

井上義和『日本主義と東京大学――昭和期学生思想運動の系譜』(柏書房)を読んだ。以下は「神保町の匠」に載せた書評。

日本主義
「日本主義」と聞くと、それだけでそっぽを向いてしまう人が多いのではないか。「国家主義」「右翼反動」「テロリズム」といった言葉がすぐに連想される。それらを否定することは、本書の言葉を使えば、戦後日本の言論空間における一つの強固な「PC=political correctness」だった。だが、「日本主義」をこのように裁断してしまっていいのか、思想としての可能性はなかったのか。これが、本書の問いかけである。

ここで、「日本主義」とは、昭和10年代までに蓄積された知的資源としての《日本主義的教養》から可能性を積極的に引き出そうとする立場を指す。《日本主義的教養》については「日本歴史や日本思想史に素材を求め国体論的な観点から編集された知・情・意のセット」と説明される。

具体的に取り上げられているのは、日本学生協会と精神科学研究所の運動である。日本学生協会は東京帝国大学の学生たちの精神科学研究会が東大当局によって解散させられた後、全国の大学・高専に呼びかけて昭和15年に結成された。精神科学研究所は大学を卒業した日本学生協会の指導者たちが作った活動拠点である。

著者はこれらの組織を担った小田村寅二郎らの出自を含めて運動の前史から丹念に説き起こす。彼らは、国体を破壊するいかなる言論も許容しないという「PC」が強固に働いていた昭和10年代の言論空間にあって、著者が「《日本主義的教養》を徹底させることで到達した結論」と指摘する「短期戦論」を掲げる。その結果、昭和18年、東条政権下の東京憲兵隊によって一斉検挙され、運動は終焉する。

運動を担った人々は当時の知的エリートであった。彼らの掲げた「日本主義」は、つまりは「エリートが自己を拘束するための国体論」だったというのが、著者の読解である。それは、総力戦体制を導き、大政翼賛会などを組織した「エリートが大衆を支配する国体論」とは違うという。著者は、そこに「日本型保守主義」の可能性をみる。

「はじめに」のエピグラムに丸山眞男「思想史の考え方について」の一節が記されている。本書は丸山が「歴史の皮肉」と片付けた出来事に思想史的な光を当てた労作である。

2008年09月23日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:0

諸悪の根源は「記者クラブ」なのか


上杉隆『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎新書)を読んだ。著者は、NHKで少し働いた後、衆議院議員の鳩山邦夫の公設秘書を経て、ニューヨークタイムズの東京支局の記者になり、いまはフリーランスのジャーナリストとして活躍している人である。評判になった『官邸崩壊』(新潮社)は未読だが、前に田中真紀子についての文章を読んで、「よく取材しているな」と思った記憶がある。

この本は、著者が見聞きした日本の新聞・テレビ記者の「実態」をもとに、書名のように日本のジャーナリズムは崩壊していると糾弾したものだ。著者によれば、「諸悪の根源は記者クラブ」ということになりそうだ。

私は長く新聞記者をしていたが、残念ながら、中央省庁の記者クラブに属したことはない。著者は日本の記者クラブは世界的にも例をみない権力とメディアの癒着ともたれあい構造を持った「負の世界遺産」だそうだから、経験しておけばよかった。というのは、まあ冗談だが、「ニューヨークタイムズでは……」(いわゆる「出羽守」というものですね)といった感じもフレーズが頻出する「記者クラブ批判」には、少し首を傾げる。

記者クラブに問題がないとは思わないが、既成メディアの中でも優秀な記者は、別に記者クラブに依存して取材などしていない。

もう一つ、インターネットの普及に対する、たとえば、次のようなまことに楽観的なものに見方も疑問である。

インターネットの登場によって、建前に終始している既成メディアの論調は色褪せてきた。代わりに過激になりがちではあるものの、本音の議論が求められるようになってきた。
 自己保身が先に立つ社説などの飾った論調は、「ブログ」や「2ちゃんねる」などの出現によって次々に正体を暴かれ、影響力を失う事態に追い込まれている。また、テレビのニュース報道番組の自主規制も、「ユーチューブ」などの登場によって、それ自体無意味なものと化している。こうしたメディア環境の変化は、既存メディアの懸命な隠蔽工作すらいとも簡単に超越しているのだ。


何を言っているの?といったところだ。新聞の社説やテレビのニュース放送番組に問題がないとは思っているわけではない。だが、既存メディアとネットメディアの関係は、後者が前者を無意味化しているといった単純な事態ではない。


2008年08月14日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:2

文京沫『済州島四・三事件』(平凡社)

三省堂書店のウェブページの「神保町の匠」というコーナーに参加してときどき書評を書くことになった。せっかくなので、このブログにも載せていくことにする。今回は急遽書いた標記の本。まだ、「神保町の匠」の方には載っていない。




韓国・済州島(チェジュド)は、国際的な観光地である。日本からの旅行客も多い。だが、豊かな自然に恵まれた島で半世紀前に起きた悲劇を知る人はあまりいないだろう。

日本の植民地支配を脱したものの、まだ米軍政下にあった朝鮮半島南部では、1948年5月10日、大韓民国建国のための選挙が予定されていた。南北分断につながるこの選挙に反対して、4月3日、済州島の南朝鮮労働党員約300人が武装蜂起した。この事件がやがて3万人近くの島民(当時の済州島の人口は約22万人)の命を奪う「四・三事件」のきっかけだった。事件は「反共」を国是とする国で長く公に語られることがなかった。島民たちも「恥ずべき歴史」として封印してきた。

小さな武装蜂起が、なぜ凄惨な殺戮劇にエスカレートしてしまったのか。著者は、《四・三の武装蜂起は、陸地(朝鮮半島)からやって来た軍政警察や右翼の横暴に対する自衛的かつ限定的な反攻という側面と、単独選挙阻止に見られる民族統一運動という、二つの側面を持っていた》が、《これまでの実証研究をふまえて言えば、四月三日の武装蜂起そのものは、前者の側面が強かったというほかない》と指摘する。確かにいったんは「和平」に向かう局面もあった。だが、武装蜂起は現地の常任委員会が決めたものとはいえ、南朝鮮労働党の革命戦略が背後にあったこともまた明らかだろう。

済州島は長く自治的な共同体としての歴史を培ってきた。「四・三事件」の悲劇は、その「個別的にして独自な歴史を持つ社会」が、「普遍的にして包括的な歴史の一局面」に無防備のまま出会ってしまったところに生じたものといえるだろう。後者はいうまでもなく、第2次大戦後の世界を規定した「冷戦」である。

本書は、近年の「真相解明」の成果を十二分に生かし、かつイデオロギー的に裁断することなく、「四・三事件」の全容と事件をめぐる島の歴史を明らかにしている。しかし、読後、私の中には先にふれた「なぜ」が解かれないままに残った。

2008年08月02日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。