スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

この「文明国」はどこに行くのか

「神保町の匠」に載せた牧原憲夫さんの『全集 日本の歴史 第13巻 文明国をめざして』(小学館)の書評です。



幕末から明治時代前期、まさしく激動の時代を見事な力技で描ききった労作である。「近代」が始まったこの時代は、いわば直接に私たち生きている「今」につながっている。「今」の枠組みが決まった時代なのである。むろん冷静な研究者として著者は歴史記述に徹して、安易な状況批判の言辞を弄しているわけではない。


だが、私は、たぶん「邪道」の読み方を思いつつ、さまざまな具体的出来事が次々に取り上げられ、豊かな具体性を通じて歴史が描き出されていくページをめくりながら、「今」という時代への鋭く、根源的な批判を聞く思いだった。


「今」の枠組みとは、何か。本書の第3章のタイトルを借りれば、つまりは「自立と競争の時代」である。「政事」は「お上」のやること。たとえ「仁政」を求める異議申し立てをしたとしても、民衆にとって、それは自分たちとはかかわりのないものだった。だが、明治に至り、人々は立身出世の道として「学校」に通い、いったん緩急あれば「兵士」としてお国のために死すらいとわないことを求められた。個人は「自立」を求められ、「お上」は「仁政」ではなく、確固とした近代の理念によって政治を行う政府となった。


「自立と競争の時代」が何を否定するところから立ち現われたのか。たとえば、江戸期の農山村には無年季請戻(うけもどし)慣行があった。何年たっても借金を返せば土地は取り戻せたのである。土地は個々の「百姓の土地」であるとともに「村の土地」でもあった。そこには近代的所有権と位相の異なる論理・倫理があった。地租改正はそれを否定した。地租は個人に賦課され、納めることができなければ、強制執行によって、土地を失うことになった。


日本が「文明国」への道をひた走った時代を、著者は常に重層的な視点で描く。「文明」はある時期「復古」として進められたし、明治政府と自由民権運動は近代国家の建設という点では目標を共有していた。単純な「国権対民権」が、この時代の実相ではなかったのである。そこに民衆という「被治者にして生活者」たちは、どのようにかかわったのか。民衆は自由民権運動に熱狂するとともに、「天皇万歳」を叫ぶ存在でもあった。


「文明」の果てに生きる私たちは、すでに「野蛮」に戻ることはできない。さて、どうしたらいいのか。

スポンサーサイト

2009年02月08日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:2

このコメントは管理者の承認待ちです

2012年04月30日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2012年05月30日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。