スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「日本型保守主義」の可能性

井上義和『日本主義と東京大学――昭和期学生思想運動の系譜』(柏書房)を読んだ。以下は「神保町の匠」に載せた書評。

日本主義
「日本主義」と聞くと、それだけでそっぽを向いてしまう人が多いのではないか。「国家主義」「右翼反動」「テロリズム」といった言葉がすぐに連想される。それらを否定することは、本書の言葉を使えば、戦後日本の言論空間における一つの強固な「PC=political correctness」だった。だが、「日本主義」をこのように裁断してしまっていいのか、思想としての可能性はなかったのか。これが、本書の問いかけである。

ここで、「日本主義」とは、昭和10年代までに蓄積された知的資源としての《日本主義的教養》から可能性を積極的に引き出そうとする立場を指す。《日本主義的教養》については「日本歴史や日本思想史に素材を求め国体論的な観点から編集された知・情・意のセット」と説明される。

具体的に取り上げられているのは、日本学生協会と精神科学研究所の運動である。日本学生協会は東京帝国大学の学生たちの精神科学研究会が東大当局によって解散させられた後、全国の大学・高専に呼びかけて昭和15年に結成された。精神科学研究所は大学を卒業した日本学生協会の指導者たちが作った活動拠点である。

著者はこれらの組織を担った小田村寅二郎らの出自を含めて運動の前史から丹念に説き起こす。彼らは、国体を破壊するいかなる言論も許容しないという「PC」が強固に働いていた昭和10年代の言論空間にあって、著者が「《日本主義的教養》を徹底させることで到達した結論」と指摘する「短期戦論」を掲げる。その結果、昭和18年、東条政権下の東京憲兵隊によって一斉検挙され、運動は終焉する。

運動を担った人々は当時の知的エリートであった。彼らの掲げた「日本主義」は、つまりは「エリートが自己を拘束するための国体論」だったというのが、著者の読解である。それは、総力戦体制を導き、大政翼賛会などを組織した「エリートが大衆を支配する国体論」とは違うという。著者は、そこに「日本型保守主義」の可能性をみる。

「はじめに」のエピグラムに丸山眞男「思想史の考え方について」の一節が記されている。本書は丸山が「歴史の皮肉」と片付けた出来事に思想史的な光を当てた労作である。

スポンサーサイト

2008年09月23日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。