スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

愛知万博に行った

 「愛・地球博」、つまり愛知万博に行ってきた。「物好きな……」と言う勿れ。まあ、こういうのは行かないと話にならないところがある。
 最初の日は午後5時から入場する割引きコースで入った。一番人気は日立グループ館、続いてトヨタグループ館。両方とも3時間以上待ち。とても並んでいられない。これはパスしてワンダーサーカス電力館、JR超伝導館、三菱未来館、名古屋市パビリオン大地の塔を見た。けっこう効率的だったと言えそうだ。翌日は朝から行ったけれど、日立、トヨタは午後2時からの整理券配布に並ぶみたいで、ふたたびパス。外国館をいろいろのぞいたりした後、長久手日本館に入る。これはなかなかだった。マンモス・ラボにも入ったし、は日本庭園を散歩して「サツキとメイの家」を遠望して来たから、この日もなかなかよく動いた。
どのパビリオンも「地球環境を守れ」というメッセージが鮮明で、というか鮮明すぎるのが、いささか食傷気味になる。
 1970年の大阪万博は何と開幕日に両親らと行ったのだった。ほとんど何も覚えていない。しかし、今回の方がずっと構成はいいし、会場もよく出来ている気がする。しかし、思えば、大阪万博は私が新聞記者になった年の出来事である。思えば、遠くに来たもんだ。
スポンサーサイト

2005年07月16日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。