スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

どうなったの? 朝日vsNHK

 ご無沙汰です。といっても、別に関係ないか? ともかくイギリスに3週間ほど出かけていたので、ご無沙汰ではあった。
 さて、新聞は読めなかったけれど、ときどき、インターネットのニュースを検索してみていたからそれなりに分かっていたことだけれど、帰国して、あの「朝日VSNHK」問題がまったくうやむやになりつつあるのには改めてびっくりした。けさの新聞は、ライブドアとニッポン放送(およびフジテレビ)の問題で、ニッポン放送の新株予約権発行に対するライブドア側の差し止め請求が東京高裁でも認められたというニュースを大展開している。
 まあ、NEWSがその言葉通り「新しいこと」を日々追いかけるのは仕方がないが、今日とりわけ活字ジャーナリズムに求められているのは持続性である。重要な問題について、新しい出来事がなくとも、あるいは新しい動きがないからこそ、持続的に問題をフォローし、ことの重要性を明らかにしていくべきなのではないか。
 朝日は「法的な手段も辞さない」とこぶしを挙げていたのではなかったか。NHKにしても「朝日新聞の虚報」と息巻いていたのではなかった。朝日とNHKの主張は対立したままだ。両者の対立は少なくとも表面的には全面的に対立したままだ。それとも、どこか裏で「手打ち」があったのか。新聞は「忘れっぽく」なってはいけない。
スポンサーサイト

2005年03月24日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:1

イギリスはどうでしたか?
イギリスでの生活も書いてくださいね。(ブログの趣旨にそぐわないかな?)

日本は〝ホリエモン〟の話題で、朝日vsNHK関連はうやむやのままでした。地震のこともあり、必要なニュースの選択がされたのでしょうが、あれほどまで騒いでいたのにと思います。

2005年03月24日 トトロ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。