スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

駆け出しのころ⑪

 これは「自慢話」かもしれない。新聞記者の「自慢話」というのはたいてい「こんな特ダネを取った」といったものである。「自慢話」は何にせよ聞き苦しいものであることは分かっているが、「特ダネ話」ではないので、ここはご寛容願う。
 鹿児島支局から西部本社に転勤した後、鹿児島に仕事で出張したことがある。支局に知り合いがいて、夜、天文館(鹿児島市の繁華街です)に呑みにいった。そこで、NHKの記者にあった。いま鹿児島で警察を回っているという。私が自己紹介すると「えっ、○○さんですか」といって、私の顔を見る。何を驚いているのかと思ったら、鹿児島の警察で《新人記者の中であいつは優秀な記者だった》と警察官が語り伝えている記者が3人いて、その一人が私なのだという。つまり「三羽烏」である。
 鹿児島から異動してまだ5、6年しかたっていなかった時期だと思うので「語り伝えられている」というのはいかにも大げさだが、まあ、そのときの彼はそう言ったのである。
 後の二人はもちろん私の知っている記者で、重なって警察を回っていた時期もある。二人とも誰もが認める「特ダネ記者」だった。彼らに比べて私は「特ダネ記者」でも何でもなかったのだが、どうして「三羽烏」に加わったのだろうか。
 そのNHKの記者によると、警察官たちは「○○さん(私のこと)は、記事が正確で信用のできる記者だった」と言っているという。まあ、ほめられてたのか、扱いやすい記者と思われたのかは分からないのだが、少なくない新人記者が通り過ぎる警察で私のことが警察官たちの記憶に残っていることを知って、素朴にうれしかった。
スポンサーサイト

2005年02月22日 デモシカ記 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。