スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「対岸の彼女」

20050214101906.jpg

なかなかいい小説だった。今期の直木賞受賞作。直木賞は芥川賞と違って、私のごとき「非文学的人間」に楽しめる作品を選んでくれる。だいたい、受賞作を読んで損をした感じはしない。主人公は、3人の女性だし、著者は女性だし、ということだが、ここには私を含めて男性にも通じる人生の哀歓がある。
 「感想」はこちら http://www.dcns.ne.jp/~t-oku/book10.html
スポンサーサイト

2005年02月14日 感想/その他 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://toku.blog2.fc2.com/tb.php/27-b7b7eacb

角田光代『対岸の彼女』/占い日記

人と関わっていくってどういうことだろう?人はひとりでは生きていけない。親子、夫婦、恋人、友だち、同僚 ……。いろんな関係があるけれど、その絆を保っていくのってけっこう難しい。この本は、自分の高校時代をまざまざと思い出させる。あの頃、いつも行動を共にしていた

2005年03月09日 占い日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。