スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

NHKvs朝日

21日「毎日」社説の書き出し。
《旧日本軍の従軍慰安婦問題を取り上げたNHKの特集番組をめぐる問題は、これをいち早く報じた朝日新聞に対し、NHKや安倍晋三・自民党幹事長代理ら関係者が連日のように抗議し、朝日新聞側がまた反論するという異例の事態になってきた。/朝日新聞の取材や記事の作り方に問題がなかったかは厳しく検証すべきである。だが、この間、いささか議論が拡散しているきらいはないか。ここは今一度、冷静に論点を整理する必要がある》
で、どんなふうに整理してくれたかというと――。
《問題の第一は、NHKに対し安倍氏らの政治圧力、介入が本当にあったのかどうか。第二は、番組の内容そのものに問題はなかったのか。これが、そもそも従軍慰安婦問題をどう考えるのかという歴史認識の問題と絡み合って、話が複雑になっている》
この二つの問題は次元が違うというのが社説の主張である。そして問題の本質は政治圧力があったかのなかったのかということだという。だから、次のようになる。
《もちろん第二の問題も軽視できない。安倍氏のように番組が扱った「裁判」に問題があったという主張があるのも分かる。しかし、歴史認識の問題は別の次元で大いに議論すればいい。この問題を、ことさら「朝日新聞対安倍氏」という構図で取り上げ過ぎると、NHKの体質という本質からそれていく恐れがある》
ここでは「NHKの体質」が本質的な問題とされているけれど、いずれにしろ、どうして「番組の内容そのもの」は「別次元」なのだろうか。放送法に照らして内容が問題だと考えたから、安倍氏や中川氏は問題を指摘したのではないか。そもそもNHKが「女性国際戦犯法廷」なるものを、その趣旨に沿ったかたちで番組を作るといったことがなければ、この問題は発生しない。もう一度言えば、どうして「別次元」なのだろうか。
21日の報道で興味を覚えた点をもう一つ。「朝日」の取材記者は記者会見前日に元放送総局長が電話をかけてきた際、《「どこかでひそかに会えませんか」「腹を割って調整しませんか」「すりあわせができるでしょうから」などと繰り返した》そうだ。むろん、これは元放送総局長が言っていることだが、事実とすれば、「報道」というレベルでは「朝日」は負け、だ。
スポンサーサイト

2005年01月22日 感想/その他 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。