スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

NHKの不祥事

 さっきまでNHKで自分のところの不祥事に関して「視聴者の意見を聞く」という趣旨の番組をやっていた。不祥事を理由にした受信料不払いが急増していることにNHKとしても危機感を持ったということだろうが、肝心の公共放送の「公共性」に関する根本の議論がなかった気がする。
 鳥越俊太郎氏が「視聴者代表」みたいなかたちで、自分が取材した「海老沢会長辞めろ」コールを紹介していたけれど、何か「いやな感じ」がした。海老沢会長に責任があるのは当然だが、「会長が辞めなければ、受信料を払わない」という論理はおかしいと思う。受信料によって成り立つ公共放送の枠組みを認めるならば、受信料は払うべきだろう。別に海老沢氏を擁護する気はないし、当然にある時期になれば辞任すべきだと思う。だが、そのことと受信料不払いとは次元が違う。そう安くはない受信料を払いたくない気持ちはだれにでもあるだろう。「俗情との結託」という言葉を思い出した。
スポンサーサイト

2004年12月19日 感想/その他 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://toku.blog2.fc2.com/tb.php/14-8099f63d

[速報] 海老沢NHK会長引責辞任 [意見募集中]

NHKの海老沢勝二会長(70)は25日、経営委員会の石原邦夫委員長 (東京海上日動火災保険社長)に辞表を提出し、経営委も了承した。 後任には、橋本元一専務理事・技師長(61)が内部昇格する。任期は3年。 副会長には、元NHK解説主幹の永井多恵子・世田谷文化生

2005年01月26日 NewsToday-7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。