スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「永遠の片想い」と「スキャンダル」

 飯田橋のギンレイホールで観る。何を上映しているかも知らずに出かけたのだが、両方ともけっこう楽しめた。同じ韓国映画とはいえ、まったくテイストの違う映画である。
 「永遠の片想い」は、監督&脚本イ・ハン。「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョンにソン・イェジンとイ・ウンジュという2人の女優を配した、まことに、まことに懐かしい感じの純愛映画である。2人の女優はそれぞれに魅力的だし、ていねいに作ってある点に好感が持てた。胸にキュンと来るところもないではない。
 「スキャンダル」は、ご存知「冬ソナ」のヨン様ことペ・ヨンジュンが好色・冷酷な貴族を演じる。といっても、これも実は純愛映画なのである。眼鏡があってもなくても、「ヨン様」には何か間の抜けた感じがつきまとうのだが、それは別にして、余韻のあるいい映画だった。

スポンサーサイト

2004年12月19日 感想/映画編 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。