スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

珍妙な「朝日」社説

 10月28日の「朝日」社説はまことに珍妙だった。タイトルは「靖国と隣国 静かさを甘く見るな」。つまり、先日の小泉首相の靖国神社参拝に対して中国・韓国の「反発」がそれほど際立って現れていない事態を論じたものだが、「珍妙」というのは、たとえば、次のような部分。

 人々の反応は冷静でも、だから参拝は容認されたということではない。その裏で日本に対する不信といらだちが積み重なり、心の底にたまっていることを見過ごしてはならない。
 経済や人、文化の結びつきがこれだけ太くなると、日本との関係を切ろうにも切れないことを、中国や韓国は百も承知だ。だから関係をむやみに悪くさせたくないと、それなりに腐心している。


 「朝日」はどうやら、中国・韓国が自分たちの考えるように「反発」してくれなかったことにいらだっているらしい。小泉首相の靖国参拝の是非はともかくとして、私は率直に言って「こういう新聞は何なのか」と思ってしまう。
さらに、こんな表現も出てくる。

 参拝に込める首相の思いはどうあれ、結果として、東京裁判を否定したりする勢力を勢いづけ、「日本は過去を清算できない」という負のイメージを世界に広めている。

 「負のイメージを世界に広め」ることに役立っているのは、まぎれもなく「朝日」である。
スポンサーサイト

2005年10月30日 感想/新聞編 トラックバック:1 コメント:0

野田聖子「完敗」

野田聖子衆院議員が郵政民営化法案に「賛成」することにしたという。「私の完敗です」と語ったそうだ。これは、相当におかしくないか。岐阜何区かで、野田は自民党公認をとれないまま立候補した。自民党公認候補は佐藤ゆかりだった。選挙戦で野田がいかなる主張をしていたか詳らかではないが、当然、佐藤候補が「郵政民営化法案賛成」をいい、これに対して野田候補は「反対」を主張したのではないか。そうでないと選挙戦にならない。
野田候補にいれた有権者は、その主張に賛同して投票した。もちろん郵政ウンヌンを別にした「個人票」もあっただろう。だが、選挙の対立の図式は、《佐藤=郵政民営化賛成vs野田=郵政民営化反対》だったはずだ。今ごろになって「完敗」と“転向”されては彼女に入れた有権者はコケにされたことになる。

2005年10月10日 感想/その他 トラックバック:4 コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。