スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「日韓歴史共同研究報告書」を読む

いろいろ軋轢が多い日韓関係だが、2002年5月から始まった日韓の歴史研究者による日韓歴史共同研究の報告書が出たので、日韓文化交流基金のホームページhttp://www.jkcf.or.jp/を通じて、いくつか読んでみた(古代史から現在の日韓関係史の研究まで全体は膨大な量がある)。木村幹氏の「総力戦体制期の朝鮮半島に関する一考察――人的動員を中心にして」は、この問題についての今後の研究方向を示していて、教えられるところが多かった。
 日本による朝鮮半島からの人的動員を、同様の問題があった総力戦期における「帝国」と植民地という広いパースペクティブの中で考察している点が、まず新鮮だった。そこでは日本の朝鮮半島における人的動員が他のケースに比べて広範な範囲に及んだこととともに、朝鮮半島内部に向けても行われていたことが明らかにされている。
 さらに「強制連行」をめぐって、「証言者」の証言は明らかに歴史的事実と矛盾する(朝鮮半島における一般徴用が始まるのは、「強制連行」されたとする人々が語る時期より後の1944年9月)のだが、木村氏はその点をついて「あれか、これか」と断ずることは生産的でないとする。「強制連行」という用語の混乱もあるのだが、何より「証言者」は強制力のない「官斡旋」の募集について正しい情報が伝わっていなかったのではないかという「情報のギャップ」を指摘している。
 《政治的、或いは過度に道徳的な色彩を帯びた議論を排して、飽くまで学問的な観点から研究が行われることの必要性が今こそ、問われているのではないだろうか》
 という最後の言葉に深く同意した。
スポンサーサイト

2005年06月20日 感想/その他 トラックバック:1 コメント:2

「狸御殿」は失望だ

tanuki.jpg

久しぶりに映画を観た。で、このブログも本当に久しぶりに書き込んでいる。どうもいろいろ忙しくて、こちらまで手が回らない。というような「言い訳」をしても、別に誰が読むわけではないので、何の意味はないか。
さて、映画は「オペレッタ狸御殿」という鈴木清順監督の作品。これが、まったく失敗だった。何か楽しい映画だと思っていたら、どうにも着いていけない作りようで、まいった。まいった。もちろん「狸御殿」ものなのだから、荒唐無稽はいっこうに構わない。でも、鈴木清順の感覚と映像には拒否感だけが残った。主演のチャン・ツィイー(上の写真)も何だかもったいない使われ方という感が強い。

2005年06月12日 感想/映画編 トラックバック:0 コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。